Tuesday, December 18, 2018

......Onami Bridge,Taishō-ku

 
嫌なことは時間が止まったように長く感じるのに、
 
好きなことは時が経つのも忘れるくらい、忙しい。


Saturday, December 15, 2018

......Shin-imamiya,Nishinari-ku

 
 
いつもの同じ道…

今日の最高気温は10度、

メニューはダブルチーズバーガー。

Tuesday, December 11, 2018

『BANANA TICKETS』


航空券を探していた。

とくにはっきりしたテーマはなく「行く/行かない」で迷ったときは、
最近なるべく「行く」を選択している。
そうしないと、どんどん動けなくなりそうな気がするから。

思いつくかぎりの経費を節約して、二週間ほとんど予定も決めず、
期間と、この町とこの町に行こう、と云うことだけで、
初めてクアラルンプールに降り立った。

木賃宿に着くとすぐに路線地図を広げ、どこに行こうか決めて、
下町から歩きながらはじめた。

連日、謎の方向(音痴)感覚に従い、通りすがりの一枚スタイルで
我を忘れるくらい夢中になってうろつき廻る。

その先へ、その先へと進む足どりは、マレー半島を列車で南下し、
ローカルをウロウロする頃には暑さと圧倒的な自然の中ヘナヘナとしおれ、
欠点だらけの自分にはまるで居場所がないような気分になっていた。


初めての南方の、初めて歩いた街中は、時に激しさや熱気もあるが、
基本的には優しい。その風景は、初めて見たものなのに、なぜか懐かしい。

喧噪とチープで下世話なモノがひしめく路上は刺激的で、何となく切なくて、
時々自分の目には色っぽく映った。

なぜかマレーへ振れた自分自身に添って、行ってしまったからには、
まだまだ歩き足りない、物足りない……

少しは誰かに伝わればいいなぁと、今さらながら思い至る。
この南方の続きは来年に。

Photographs From Malay (contact #13)











Photographs From Malay (contact #12)











Photographs From Malay (contact #11)











Photographs From Malay (contact #10)









Photographs From Malay (contact #9)