Friday, February 22, 2019

......Kuala Lumpur





没頭できる時間…

……Downtown,KL





パサール セニ、ペタリン、マスジット ジャメ、ブリックフィールズ、、、

Thursday, February 21, 2019

……Masjid Jamek




……Back street,KL





活気あふれる声と

賑やかな看板の裏っ側…

Wednesday, February 20, 2019

…...Little India,KL




......Kuala Lumpur






駅を出た瞬間、街に出た途端、

一寸前の撮影がそのまま再開するような感覚…

Tuesday, February 19, 2019

.....Near Imafune station,Nishinari-ku



大阪は雨。

これから昼の便でマレー半島撮影の続きへ。

乗り継ぎ乗り継ぎして、今回は1週間だけ。

マキナとTRI-X、梅干しと生姜を鞄に詰めて、出発…

Monday, February 18, 2019

『WALKMAN'S DELHI』




インドの首都デリーは南北と西を新市街「ニューデリー」と東のニューデリー駅からヤムナー川までの一角を旧市街「オールドデリー」と呼ばれていた。

初めてデリーに歩きに来た私はこの「オールドデリー」で写真を写すとき何を考えてひとり歩いていたんだろうか……

狭くてきたない通り、人であふれ返る通り、ぎっしりと並んだ商店、民家、食堂、市場、屋台、露店、人と車とリキシャと荷車と…そこら中の牛、首輪のない沢山の犬、電線に猿、ごみ箱からは鼠の大群……が、ひしめきあう路上。そこら中でいろいろ事件が起こりそうな街で、私はたぶん何も考えていない。

行きかう人たちの表情や動き、通りに並ぶ看板、大音量のリキシャのクラクション、前や後ろや右や左の人たちの声、どこからともなく聴こえてくる唱え…知らず知らずのうちに街を歩くリズムが湧いてきた。

私にとってデリーの喧騒の中は、旅路であり、休憩場所であり、美術館や映画館みたいな場所。おもしろい本や探してたレコードみたいな心が揺れる光景だった。

目にする人も、モノも、空気も、音も、匂いもすべてを写真にしたいと単純に思い、そして写真のことなんて、どうでもよくなる程 ひたすらブラつく快感を味わった。

どうしようもないこと、どうしようもない感情、どうしようもない生活、どうしようもない旅の途中にて、その行く末についてわけも分からず魅かれている。


Photographs From Delhi (contact #21) PORTRA











Photographs From Delhi (contact #20) PORTRA









 



Photographs From Delhi (contact #19) PORTRA